Power BI PR

Power BI グラフの色の変更方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダッシュボードのデザインで重要な要素「色」。

グラフにどういった色を設定するかで見え方が変わってきます。

Power BIではグラフの色の設定する場所が少しわかりづらいので、代表的なグラフの色の変更方法を紹介していきます。

 

Power BIとはからスタートしたい方はこちらの記事でPower BIとは?からインストールまで紹介しているので参考にしてください!

棒グラフ

代表的なグラフの一つとして棒グラフから紹介します。

グラフの作り方は割愛させていただきます。

Power BI graph color1

「ビジュアルの書式設定」→「ビジュアル」→「列」を開くと、「カラー」で色の設定を行うことができます。

Power BI graph color2

こちらの設定画面で色を変更するとグラフの色が変更されます。

Power BI graph color3

 

設定方法が少し異なるものとして積み上げ棒グラフの設定方法を紹介します。

Power BI graph color4

「ビジュアルの書式設定」→「ビジュアル」→「列」を開きます。

設定の適用先から変更したい色の系列を選択します。

Power BI graph color5

今回の凡例はA,B,Cの3種類があるため、その3種類それぞれの色を変更すると下記のように色が変更されます。

Power BI graph color6

折れ線グラフ

続いて折れ線グラフになります。

Power BI graph color7

「ビジュアルの書式設定」→「ビジュアル」→「行」を開き、色から折れ線の色を変更することができます。

Power BI graph color8

実際に設定を変更するとグラフの色も変更されます。

Power BI graph color9

円グラフ

最後に円グラフを紹介します。

円グラフも着色の仕方によってイメージが大きく変わるグラフです。

Power BI graph color10

「ビジュアルの書式設定」→「ビジュアル」→「スライス」を開き、色で凡例が表示されるのでそれぞれ設定変更が可能です。

Power BI graph color11

実際にスライスの色を変更してみたのがこちらになります。

Power BI graph color12

まとめ:Power BI グラフの色の変更方法

Power BIのグラフの色の変更方法を紹介しました。

主要なグラフである棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフで色の変更方法を紹介しましたが、それぞれ微妙に異なります。

ただどのグラフもよく似た箇所から変更できますし、今回紹介していないグラフもほとんど同じですので参考にしてください。

グラフの色はビジュアル面で非常に重要な要素で、初期の色ですと全体デザインになじまない可能性があるのでぜひデザインにあわせて変更してみてください。

 

Power BIをより詳しく勉強したい方はudemyがおすすめです。

本格的にPower BIを学習していきたい方にお勧めのコンテンツになります!