Tableau PR

Tableau 前年比・前月比を表示する方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

様々な形式でデータの比較を表現できるTableau 。

その中でも前年比・前月比で数値を見たいと要望は多いのではないでしょうか。

前年比・前月比を表現する方法はいくつかありますが、ここではLOOKUP関数を使用する方法を紹介していきます。

LOOKUP関数とは

LOOKUP関数は現在の行からオフセットで指定された行の数値を返す関数となります。

簡単に言えば前の行や後の行を取得することができる関数です。

こちらを使用して前年・前月のデータを取得し、比を求めていきます。

前年比・前月比を表示する

使用するデータはTableauにも付属しているサンプルスーパーストアです。

bargraph1

さっそく計算フィールドを使用して前年の売上を求めていきます。

オフセットに-1を指定することで一つ前の行の売上を取得することができます。

Tableau YoY Comparison2

実際に数値を表示させてみるとこちらになります。

2019年であれば2018年の売上が前年売上に入ってきていることがわかります。

Tableau YoY Comparison4

ここから実際に求めたいのは前年比になりますので下記のような計算フィールドを作成していきます。

現在の売上を1行前の売上で割った形になります。

Tableau YoY Comparison5

こちらで前年比が表示されます。

※表示形式が自動になっていると1と表示されるので、表示形式をパーセンテージに変更してください。

Tableau YoY Comparison6

ここまでは前年比ですが、前月比も同様です。

計算フィールド側で年月の制御は行っていないので行の年のところに月をプラスすれば前月比を出すことができます。

Tableau YoY Comparison7

初年・初月を基準として比を算出する

ここまでは前年比、前月比でしたが、サービスを開始した年月・データを取り始めた年月を基準として比を求めたいシーンもあると思います。

こちらもLOOKUP関数で表示が可能です。

オフセットのところFIRST()を入れると最初の行を参照することになります。

Tableau YoY Comparison8 Tableau YoY Comparison9

実際に表示させてみると売上初年の列には2018年の値が入っていて、それに対しての比が表示されていることがわかります。

Tableau YoY Comparison10

FIRST() + 1という表現にすれば最初の行の次を参照する表現もできるので覚えておいてください。

まとめ:前年比・前月比を表示する方法

Tableauで前年比・前月比を表示する方法を紹介しました。

LOOKUP関数を使用することで簡単に実装することができます。

オフセットの取り扱いを工夫すれば前年比・前月比以外にも表示することができるので覚えておいて下さい。

 

Tableauについてより勉強していくにはUdemyがおすすめです!

たくさんの勉強動画が多く掲載されており、買い切りのため何度も閲覧することができます!

多彩な講座から自分に合った講座を探そう!

Tableauのudemyおすすめ動画はこちらのサイトでも紹介しているので参考にしてみてください!